食べ物 ビタミンについて

食べ物から取れるビタミンの種類と効果

ビタミンは大きく分けると水溶性と脂溶性の2種類あります。
水溶性に分けられるものはB1、B2、Cがあります。
脂溶性のものはA,D、Eがあります。
ではその具体的な食べ物と効果を挙げていくと、B1は豆類やごま、豚肉などに多く含まれていて主に「記憶力が低下するのを防ぐ」「疲労回復」などに効果があります。
B2はサバや牛乳、卵に多く含まれ、「肥満防止」や「目の疲労、視力低下予防」に効果があります。
Cはレモンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
効果は「風邪やストレスの改善」「お肌のつや」などです。
一番身近な成分でサプリなどでも取り入れやすいのがCです。
脂溶性のものは、Aはにんじんやチーズに含まれ「皮膚や髪を保護する」効果があります。
またDにはマグロ、かつおなど魚類に多く含まれ「骨粗鬆症」に効くと言われています。
Eはカボチャやほうれん草に多く含まれていて、「抜け毛の防止」に効果がみられます。
このように日々口にいれる食べ物から豊富なビタミンが摂取出来ます。

Copyright© 食べ物 ビタミンl Rights Reserved.