食べ物 ビタミンについて

ビタミンの水溶性と脂溶性

ビタミンには色んな種類がありますが、大きく水溶性と脂溶性に分けられます。
水溶性にはビタミンB類・葉酸などが含まれ、脂溶性にはビタミンA・D・Eなどが含まれます。
水溶性は水に溶けやすいので、尿などですぐに排出されてしまいます。
なので過剰症にはなりませんが、毎日摂らないと不足しやすいのです。
中でもB類は疲労回復の働きを助けるので、不足しないように注意したい成分です。
脂溶性は美容健康に欠かせない成分が多くありますが、蓄積するので過剰に摂取すると逆に体に支障が出てしまいます。
Aは美容に大切とよく言われているので意識の高い人も多いと思いますが、摂りすぎると頭痛・吐き気・発疹を引き起こします。
妊娠初期の方には胎児への影響があるのでより注意してください。
Dは太陽を浴びることでも生成されるので、朝カーテンを開けたり日光浴をすると心も体も元気になります。
偏食や暴食がなければ普段の食事で欠乏や過剰となることはありませんので、適度に気をつけて健康を意識した食べ物を摂取することが大切です。

Copyright© 食べ物 ビタミンl Rights Reserved.